有機野菜とは

有機野菜とは、その土地で作物を育てる際、野菜なら種まきの2年以上前、果物は収穫の3年以上前から、科学肥料や農薬の使用を避けた土地で育てられた農作物で、国(農林水産省)が認めた機関によって有機JAS認定を受けています。

有機野菜と表記していいものは、農林水産省がJAS法に基づき、有機JASのJAS認定を承認した農産物だけです。

有機野菜とは

このJAS規格は、農林水産省が認めた登録機関によって、書類審査、実地検査を厳格に行っています。JAS法では、田んぼや畑、使われる用具に禁止農薬が使用されていないか、害虫の駆除に禁止農薬を使用していないかなどが定義されているので、安心・安全な食べ物であるかどうかの大きな目安となります。

この有機JASマークは、スーパーなどで見かけたことがあるかもしれませんね。

有機野菜最大のポイントは、長期間農薬や化学肥料を使わない土地で育てられるという点です。農薬や化学肥料を使わない土地は、とても健康的で生き生きとしたものになります。ミミズが生息し、そこから微生物が生まれ、とてもいい土の匂いがするのも特長です。おいしい農作物が生まれる秘訣はこんなところにもあったりします。

フィード