農薬は何故使うのか

野菜などの農作物を育てる際に、切っても切れない農薬。農薬は人体に悪影響を及ぼすとわかっていながら何故使うのでしょうか。

畑などの農地で野菜などを育てる際、作物に対して有害ないろいろな生物が発生します。その有害生物が蔓延してしまうと、作物が育たなくなったり、駄目になってしまったりします。農薬は、作物をしっかり収穫できるよう、その有害生物を除去するためのものです。

農薬は何故使うのか

生産性を高めるためには、簡単に捨てることのできないものになっています。

農薬と一口に言っても様々な種類があり、雑草を枯れさせる除草剤、カビなどの有害菌を除去する殺菌剤、小さな害虫を駆除する殺虫剤などがあります。

農薬は農薬取締法によって規定されていて、農家はその範囲内で農薬を使用することになります。農薬取締法は、農薬の規格、製造、販売、使用などについて規制を定めた法律で、国民の健康保護、生活環境の保全などを目的としています。

フィード