ビタミンA(カロテン)

ビタミンAは、レチノールやカロテンとも呼ばれ、皮膚や粘膜の働きを正常に保ったり、目の健康にも深い関わりがあるとされています。

ビタミンAが不足すると、皮膚や粘膜が乾いたり、骨や歯の発育不良を引き起こしたり、抵抗力が低下するので風邪を引きやすくなったりします。眼にも重要な成分であることは有名ですが、眼が乾燥したり、夜盲症を引き起こしたりといったトラブルになりやすくなります。

ビタミンAは、うなぎ、あなご、鶏レバーなどに多く含まれますが、ビタミンAを過剰摂取すると、頭痛、吐き気、脱毛、疲労感、食欲不振などの症状をまねくことがあり、また、妊娠中のビタミンAの摂りすぎは、胎児の奇形の発生が高まるという説もあり注意が必要です。

そのため、ビタミンAを摂取する際は、その前駆体であるカロテンで摂取するのが安全とされています。カロテンにはα(アルファ)、β(ベータ)などの種類がありますが、野菜に多く含まれているのがβカロテンです。

ビタミンA(カロテン)

βカロテンが多く含まれる野菜には、しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、ほうれんそう、カボチャなどがあります。

βカロテンは体内でビタミンAに変化する成分で、体内でのビタミンAが充分に足りている場合は、カロテンのままビタミンAには変化しません。そのため、過剰に摂取しても安全とされています。

フィード