ビタミンB1

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、糖質をエネルギーに変える働きがあります。神経や筋肉の機能を正常に保ちます。

ビタミンB1の効果は様々ですが、ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなったり、手足のむくみ、しびれなどの症状、記憶力の低下などが発生します。長時間寝ても眠い、仕事に集中できないといったケースでは、ビタミンB1が不足している可能性も考えられます。

お酒を飲み過ぎたり、甘いものを食べ過ぎたりした場合は、ビタミンB1を多く摂ると、余分な糖質を効率よくエネルギーに変えることができます。

ビタミンB1は水溶性で熱に弱く、火を通すとかなりの量が失われてしまいます。また、過剰に摂取しても身体の外に排出されていくので、過剰摂取を心配する必要はありません。

ビタミンB1

ビタミンB1を多く含む野菜には、枝豆、にんにく、モロヘイヤ、さやえんどう、アスパラガス、ブロッコリー、パセリなどがあります。

また、ネギ、ニラなどアリシンを多く含む食べ物と一緒に調理すると、調理によるビタミンB1の損失が少なく済みます。

フィード