ビタミンC

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれ、アミノ酸の合成、副腎皮質ホルモンの合成などを行います。

また、免疫力アップ、抗酸化作用、コラーゲンの生成にも深く関わっているため、美容・健康に大切かつ効果的な栄養素といえます。

ビタミンCが不足すると、歯がぐらつきやすくなったり、軽い貧血を起こしたり、血管・骨が弱くなったりするなど、身体全体に影響を及ぼします。また、免疫力も落ちるため、風邪によくかかったりするなど、病気になりやすくなります。

ビタミンCの推奨摂取量は1日100mgですが、過剰摂取しても体外に排出されるため大きな問題はありません。ただし、あまりに大量に取りすぎると、下痢の症状を起こす場合もあります。ビタミンCは体内で生成できないので、毎日適量を摂取する必要があります。

ビタミンC

ビタミンCを多く含む野菜には、ピーマン(赤・黄・緑)、パセリ、ブロッコリー、カリフラワーなどがあります。野菜・果物類に多く含まれるので、毎日一定量を摂取していきたいですね。

フィード