食物繊維

食物繊維は、人間の消化酵素では消化・分解されない成分で、大腸の消化機能を助け、人にとって様々な有益な効果をもたらすとされています。

食物繊維には水溶性と不溶性があり、果物などに含まれる水溶性食物繊維は、食後の血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールの吸収を抑制する効果があります。

野菜、豆類、穀物などに含まれる不溶性食物繊維は、大腸の働きを助け、がんの抑制効果があるのではないかといわれています。

食物繊維は腸内を巡って最終的に便として排出されます。その間に水分を含み、便の量を正常に調節し、排出までの時間も短くなります。そのため、食物繊維が不足すると、便の量も少なくなり便秘になりやすくなります。

食物繊維

食物繊維を多く含む野菜には、しそ、パセリ、ごぼう、えだまめ、ブロッコリー、モロヘイヤなどがあります。

食物繊維が不足した食生活は、大腸ガンなど大腸の病気になりやすいとされています。肥満防止などにもつながるため、普段から一定量を積極的に摂っていく必要があるでしょう。

フィード